LPガス、検針と保安業務、LPWA通信で作業の効率化

「安心、安全」は、顧客満足につながります

LPガスの通信装置(LPWA)で集中監視の保安、具体的どうすれば良いのか? サポートしています。

集中監視は、導入しているガス販売店が多く、40%近くの設置率になっているそうです。

まだ未設置の販売店の皆様、効率化と保安の高度化に向けて検討しませんか。

すでに設置推進している販売店の皆様は、経営管理合理化、作業軽減とリーフォーム事業提案や顧客満足を目指して通信装置(LPWA端末)を活用しています。

当社は、ガス利用者宅のメーターにLPWA端末を設置する工事のお手伝いと、その活用、サポートをする会社です。補助金申請のお手伝いも行います。

導入から、活用まで詳しくご説明、現場のシステムとの連携のお手伝いさせていただきます。

すでに装置を積極的に取り付けている会社様へ

 通信コスト問題で悩んでいるという声をお聞きします。コスト改善方法を含めご相談にお答えしています。

※ 集中監視受信後の対応方法(マニュアル)活用できます。

https://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/lpgas/anzen_torikumi/file_itakujigyou/2020_4_s.pdf 

集中監視対応対の自社社員研修等ご希望の方は、下記のメールにてお知らせください。

lpgas.suppcen@gmail.com


集中監視(LPWA)は、国の補助金事業(令和5年度修了)

当社は、補助金申請からLPWA端末装置の取り付け工事をお手伝いをいたしています。

申請に向けた準備には時間が必要です。申請に向けて早めにお声をかけてください。

工事可能エリア (栃木県、福島県、埼玉県、茨城県など)

補助金申請相談は、無料です。相談後、設置に向けた計画書作しますので、現在の状況についての資料、データー提供をお願いします。

取り付け工事料金  まとまった件数とエリアでお見積りします。集合住宅は戸建てよりも安い料金となっています。

国は、LPガスの安定供給と消費者への適切な対応を図るため、合理的なLPガスの流通構造構築を目的として、販売事業者の事業改善に向けた前向きな取り組みを支援する「石油ガス流通合理化対策事業費補助金(構造改善推進事業に係るもの)」を実施しています。

https://kouzoukaizen.net/lp2023/index.html

補助金を活用して作業の合理化に向けて取り組みを進めましょう。中途半端に取り組んでも作業の改善はできません。サポートを利用して計画的に進めましょう。

導入のメリット(保安に関する認定制度、インセンティブ)もありますので計画的に進めましょう。

検針業務の軽減化は、顧客へのサービス提供時間を作ります。水回りの相談の増加など他社との差別化、顧客との信頼、安心、安全を作ります

顧客訪問で住宅に関するサービス、情報の提供などがきめ細かくできます。

業務管理システムとの連携をすると、集中監視の導入=自動検針、保安の向上、消費者からの信頼獲得、安定につながります。

集中監視業務の委託も従業員作業の軽減に向けて必要です。6号、7号業務を紹介しています。

大手の端末を補助金で導入したけど「コストが高い」という声をお聞きします。追加の端末は、コストの安いメーカーを選びましょう。

WEB請求(郵送費などのコスト削減)も時代の流れですので、ぜひ検討をお勧めします。

①今、NCUついてるけど? どうなる?

現在の検針業務は、どのように行っていますか?。

①検針員(自社)に各家庭を回ってもらい検針票・請求書を渡している。(人件費負担) ※コンビニ払い用紙同時発行システムがあります

②NCUなどテレメで検針し検針・請求書を送付している。(郵送料)

WEB請求が時代の流れ。スマホで確認、保安の徹底にも使えます。

NCUには、電池が入っています。耐用年数10年ぐらいです。通信を受けるPC、受信装置が老朽化(交換不可)で従来の方法では受信ができなくなります。

提案1️⃣ 検針時コンビニ払い用請求伝票発行システムの利用

検針と同時にコンビニ払い請求書を発券できるシステムです。検針、請求の2度手間を改善できます。⇨ 口座引き落としができない顧客が多い場合に活用。

②LPWAは? これからの時代に合わせた調査、提案をします。

LPガスメーターは、安全・安心機能が優れた機器です。その優れた部分を活用して顧客の信頼を獲得します。

これからLPWAの活用とAiの活用で大きくガスの環境も変化します。そのためには、各お客様のガスメーターにLPWAを設置し、ガスの検針データーと保安データーを取得します。

今後は、ガス機器の故障など、状態情報なども取り込める時代が来ます。電話が来てからの対応ではなく、お客様の困りごとを素早く感知、故障する前にお知らせをする時代が来ます。この迅速な動きが付加価値として販売店への信頼につながります。給湯器交換などテレビ宣伝をしている会社には、このサービスはできません。

顧客を増やす、守るために、LPWAと顧客訪問による住設器具相談サービス業務は重要です。LPWA装置をメーターに設置することが必要です

提案2️⃣ 配送システムは、これからさらに進みます。宅配業社のシステム、タクシーの配車システムが先行しています。

3️⃣来年度から大幅な配送業務の改善が必要です。配送効率化システムの導入には必要な装置です。リアルなメーター情報を活用して配送計画を配送員の負担減をはかります。24年度配送業務労働の改善に向けて検討を開始しましょう。

③導入LPWA端末の検討

LPWA端末を選ぶ方法

御社が採用しているシステム設備の状況に合わせ、導入機器の選択します。

導入コスト、その後のランニングコスト、メンテナンスコストを比較してご提案します。

提案3️⃣ 監視用端末は、4社(A社、Y社、N社、P社)です。通信キャリアによりコストも違います。

自社で受信し、対応する自主保安と委託する委託保安があります。委託保安先(p社、T社)をご紹介します。

④導入後の活用

導入後、保安の対応、データーの活用が必要です。

 自社、委託先の配送合理化ビジネス、メール、WEB活用による取り組みを提案サポートします。

コストがかかることですから、無理な提案は行いません。

提案4️⃣ 現状のシステムと連携したシステム活用プランを提供します。

時代は、WEB請求となる流れです。

郵送費用がかからず、WEB画面を通し宣伝、保安情報が提供できるので、おすすめです。

お問い合わせは

lpgas.suppcen@gmail.com

noteに集中監視事例を掲載中

https://note.com/gogoseisei0522/n/n14843ff32601